純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

スマホ利用者が48.2%に急増しガラケー利用者とほぼ並ぶ CIAJ調査

スマホとガラケー利用ほぼ並ぶ CIAJ調査

情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は24日、2013年度の携帯電話の利用実態調査の結果を公表した。

高速通信規格「LTE」の定着などに伴い、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及割合が前年の38.8%から48.2%に急増。“スマホシフト”がより鮮明になった。

調査は、関東と関西在住の通信端末利用者1200人を対象に実施。全員で計1369台の端末を利用していた。

普段利用している端末を複数回答で尋ねたところ、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)が604台と全体の50.3%を占め、最多だった。ただ、スマホは578台で48.2%と、従来型携帯とほぼ並んだ。

タブレットは55台(4.6%)、モバイルWi-Fiルータは53台(4.4%)、PHSは45台(3.8%)が使われていた。

今後、通信端末の買い替えを検討している人のうち、99.5%の人が「次はスマホにする」と回答。購入の際に重視することは「月々の支払い」が最も多く、以下、「端末価格」「デザイン」などが続いた。

SNSメッセージのやり取りが増えている

スマホ利用者の増加に伴い、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を通じたメッセージのやりとりが増える一方で、携帯事業者が運用するキャリアメールのやりとりは減り、利用率は前年の88.4%から72.9%に減った。

アフィリエイト収入は8割以上が1000円未満

日本アフィリエイト協議会が7月2日に発表した「アフィリエイト市場調査2013」によると、アフィリエイト収入では月3万円以上は全体の2.4%にとどまり、約8割は1000円未満だった。


調査は5月に実施し、ホームページやブログを保有している1765人から回答を集めた。このうちアフィリエイト広告を掲載している人は500人で全体の28.3%だった。

アフィリエイト歴は5年以上~10年未満が20.2%ともっとも多く、次いで一年以上~二年未満と二年以上~三年未満が14.6%で同率。運営しているサイトの数は平均3.08サイトだった。

月額3万円以上のアフィリエイターは平均6.3サイト運営

月に3万円以上の収入があるアフィリエイターの属性を分析したところ、一年以上のアフィリエイト歴があり、平均6.3サイトを運営、毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やし、レンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入などに毎月5000円前後の経費をかけているという平均像が浮かび上がったとしている。



 

これって時給400円未満?

10年でホリエモン抜けますよ!吠えるネオヒルズ族の与沢翼

若くして都心のタワーマンションに住み、高級外車を乗り回す。かつてのヒルズ族をほうふつさせるネオヒルズ族。

与沢翼氏(30)は3億円の札束を積み上げ、「これくらいの金ならすぐに用意できますよ」と言い放つ。

スポンサーサイト

ダークスーツに身を包み、両脇に美女をはべらせる。実年齢よりも若く見える与沢氏は、さいたま市出身。荒れた少年時代を送り、15歳で「魔利支天(マリシテン)」という地元の暴走族に入り、高校を中退した。その後、大検を経て「20歳で早稲田大社会科学部に入学した」という異色の経歴を持つ。

現在は、六本木にオフィスを構える「フリー・エージェント・スタイル・ホールディングス」(FASH)の会長。3年前に前身となる会社を設立し、昨年5月にホールディングス化。2013年8月期の売上高は50億円を見込むという。

「傘下の7社は、インターネットを使った事業がメーンです。ネットマーケティング(集客・販売)、ラーニング(教育・学習)コンテンツの提供・販売。出版プロデュース業にも進出しています。
先日売り出した起業のノウハウをレクチャーする学習システムは1カ月半で2億5000万円売り上げた」(与沢氏)

移動は、運転手付きの新車価格5000万円超の英国車「ロールスロイス・ファントム」。ど派手な暮らしぶりが注目を浴び、メディア露出が急増しているさまは、かつてITの寵児と持てはやされたホリエモンこと元ライブドア社長、堀江貴文氏(40)を思い起こさせる。

「僕自身も22歳で最初の会社を立ち上げて、一時期、(六本木)ヒルズに住んでいた。『ネオヒルズ族』なんて呼ばれるけど、10年もあったらホリエモンを抜けますよ」

情報商材を売る虚業ですが、その抱負な資金を使って実業に乗り出してくれることを期待します。

まあ、無限商圏とか在庫なしとか言ってるので、実業はむずかしそうですが・・

技術の進歩によって労働者たちが職を失う

かつて産業革命が起こったとき、自動車の出現によってそれまでは物品の輸送を担う貴重な労働力であった馬の大半が職を失ってしまった。

それと同じことが現代の先進国で起こりはじめている。

しかも、今、お払い箱になっているのは我々人間なのだ。

スポンサーサイト

機械との競争(エリク・ブリュニョルソン、アンドリュー・マカフィー著/日経BP社刊)によると、アメリカ経済がリーマンショックから立ち直りつつあるのにも関わらず失業率が下がらないことの原因は、テクノロジーの発達に人間(労働者)が追いついていけないことだとして、絶え間ない技術革新と発展が雇用を破壊していると指摘する。

つまり、機械が人の代わりができる、あるいは機械のほうが人よりよいパフォーマンスができる仕事が増えたことで、労働者が入り込む余地の無い仕事が増えているというのだ。

これは、ICT技術の発展も拍車をかけている。機械化とICT化によって雇用が奪われている。

今後は、決まったルールが存在せず、状況から推測する要素の大きい仕事、つまりコンピューターでは判断できないような仕事でないと、機械に職を奪われる可能性があることは考慮したほうがよいだろう。

スポンサーサイト

 

2012年メディアに関する全国世論調査結果

新聞通信調査会はこのほど、第5回「メディアに関する全国世論調査」(2012年)の結果を発表した。
同調査は、2012年8月24日~9月11日の期間に訪問留置法にて行われ、全国の18歳以上の男女3,404人から有効回答を得た。

スポンサーサイト

まず、各メディアの情報信頼度を調べたところ、「NHKテレビ(以下、NHK)」の平均点は70.1点で前年度より4.2点低下、「新聞」は68.9点で同3.1点低下、「民放テレビ(以下、民放)」は60.3点で同3.5点低下、「ラジオ」は58.6点で同4.5点低下、「インターネット」は53.5点で同3.0点低下。
一方、「雑誌」は44.6点で同0.5点上昇した。
雑誌以外のメディアは全て前年度から3~4点低下し、調査を開始した2008年度以来最低を記録した。

各メディアについてどのような印象を持っているかを尋ねると、「情報源として欠かせない」(56.0%)、「情報が役に立つ」(51.9%)、「情報の量が多い」(39.9%)の3項目で新聞が1位を獲得。
また、「社会的影響力がある」(60.2%)、「情報が信頼できる」(58.3%)ではNHKが、「情報が面白い・楽しい」(60.8%)、「手軽に見聞きできる」(54.2%)、「情報がわかりやすい」(49.6%)では民放が1位に選ばれた。

過去の調査と比べた場合、新聞、NHK、民放は、2010年度から2011年度にかけて多くの項目で印象が改善していたが、今回は全項目で割合が低下。
それに対して、インターネットは、2010年度から2011年度にかけて全項目で数値を減らしていたが、今回は上昇している。

今年度調査のトピックとして、原子力発電に関する報道について各メディアの印象を聞いたところ、「公正・中立な報道がされていた」(50.6%)、「他のメディアの情報より信頼していた」(47.9%)、「事実が正確に報道されていた」(46.5%)の3項目でNHKが1位となったものの、「政府や官公庁、電力会社が発表した情報をそのまま報道していた」(53.1%)との項目でもNHKが最も多くなっていた。

「いろいろな立場の専門家の意見を比較できた」(52.0%)、「難しい内容がわかりやすく解説されていた」(45.4%)では民放が、「自分の意見を持ったり、判断したりするときに、参考になった」(42.1%)では新聞が1位を獲得。
一方、「インターネット」の原子力発電に関する報道への印象は、いずれの項目も10%台からそれ以下となり、順位も4位にとどまった。

このほか、将来の新聞の役割について質問したところ、「新聞の果たす役割は大きい」と答えた割合が45.2%と、「新聞の役割が少なくなってくる」の37.4%を上回ったものの、若い世代ほど「新聞の役割が少なくなってくる」(20代61.6%、30代56.0%)と答えた割合が増えていることがわかった。

ソース:マイナビニュース

スポンサーサイト