純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

海自最大の空母型護衛艦「いずも」進水

海上自衛隊の最新型ヘリコプター搭載護衛艦の命名と進水式が8月6日に横浜市内で開かれた。

http://i.imgur.com/ISPRGwd.jpg

全長248メートル過去最大の護衛艦の名は「いずも」

2015年3月に就役するため建造が進められ、この度進水した22DDHのネームシップは予想どおり「いずも」と命名された。

先代DDHが「ひゅうが」と「いせ」なので、それに続いて神話の国名が艦名とされたようだ。

全長248メートル、基準排水量約1万9500トンは、護衛艦としてはDDHひゅうが型(約1万3500トン)を上回り過去最大のものだ。

これは大戦中の戦艦大和の全長263メートルに迫る大きさであり、帝国海軍正規空母「飛龍」の全長227.35メートル、基準排水量1万7300トンを上回る。

就役後は、護衛艦しらねの代替として舞鶴の第3護衛隊群に配置される予定。

出雲大社遷宮の年の原爆記念日に進水

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130806/plc13080618410016-p1.jpg

式では麻生太郎副総理や江渡聡徳防衛副大臣らが支綱を切断。満艦飾のいずもは音楽隊の演奏や花火に彩られ、華々しく進水した。

奇しくも2013年は出雲大社遷宮の年であり、8月6日は原爆記念日であり、あらゆる意味で半島や大陸を刺激しそうな進水式となった。

空母型でヘリ9機を同時運用

いずもは、艦首から艦尾まで甲板が繋がった全通甲板の空母型で、ヘリ9機を同時運用し、5機が同時に発着艦可能となっている。

他艦艇への燃料補給機能も備え、哨戒や災害派遣などの任務の中核となる。

また、

同型艦1隻も2017年3月の就役を目指して建造中だが、ひゅうが、いせ、いずもと来て、次はなにになるのか?

いなば(因幡)やきび(吉備)だとロマンがありますね。

いずもにまつわるトリビア

なぜか建造中の改装で、甲板にステルス艦載機であるF-35Bの発着に耐えられる耐熱処理がされている。

いずも型の乗員は470名で、巨艦のわりには少ない。

公表速力は30ノットだが全速力はもっと速い。米軍第七艦隊と行動可能になっている。

米軍と随行することで、攻撃力の矛である米軍、対潜防御の盾である海上自衛隊という役割が実現する。防衛名目で潜水艦を沈めまくることが可能。

護衛艦と言いながら、兵装が少なく、イージス艦や駆逐艦などに護衛されないと運用できない。ちなみに日本のイージス艦は8隻になる予定で、これは米国に次いで世界二位になる。

護衛艦の英語表記は駆逐艦を意味する「Destroyer」であり、戦艦・巡洋艦が事実上消滅した現代の世界の軍艦の中で主流である。つまり、世界からは護衛艦などという言葉遊びは通用していない。

日本の艦船建造はものすごく速い。ちなみに中国は25年以上かかり、インドは5年かかるところを一年ちょっとで就航させるのが日本である。ちなみに大戦中に日本は空母25隻以上を運用していた。

対潜ヘリを搭載できるので中国の潜水艦にとくに有効である。

 

 

海自最大最新の空母型護衛艦は「いずも」?

最新型護衛艦22DDHがついに就航

海上自衛隊最大の護衛艦の命名・進水式が、2013年8月6日に行われることになりました。

新型の護衛艦は「空母型」のヘリコプター搭載護衛艦で、およそ1200億円をかけて建造されました。
全長は248メートル、基準排水量は1万9500トンで同時に5機のヘリコプターが発着できるほか他の艦船へ燃料の給油もできます。防衛省は、災害派遣などでも運用したい考えです。

http://i.imgur.com/1kYS6jU.jpg
写真手前DDHひゅうが、写真奥22DDHいずも

http://i.imgur.com/L4bXD1U.jpg

大日本帝国海軍正規空母飛龍を超える全長248m

護衛艦22DDHの全長は248mですが、これは第二次世界大戦中の大日本帝国海軍の正規空母飛龍より大きく、あの戦艦大和にも迫るものです。

空母のような護衛艦22DDHいずも

この護衛艦の名称ですが、「いずも」が有力視されています。

DDH級の艦名が「ひゅうが」と「いせ」ですから、神話の旧国名の流れで「いずも」は納得できるものでしょう。

先代「出雲」は大日本帝国海軍の出雲型装甲巡洋艦の一番艦で、日露戦争から終戦直前まで運用された歴戦艦です。
上海事変に派遣・活躍以後、1943年まで支那方面艦隊の旗艦として在中邦人保護の象徴にもなりました。

いずもは出雲であり、朝鮮半島から国を引っ張って持ってきた国引き神話があります。

また、出雲は島根県なのですが、韓国と竹島問題を抱えています。

奇しくも出雲大社が60年に一度の遷宮の年に、いずも就航だとセンセーショナルですね。

来年はさらに巨大な24DDHが起工しますし、中国や韓国が騒ぎそうです。

世界最強の自衛隊E-767は中国空軍に対して圧倒的に優位

近代化と軍備増強が著しい中国人民解放軍。

その空軍力は日本の自衛隊の装備と比較してどちらが上なのだろうか?

スポンサーサイト

日本と中国の主力戦闘機は拮抗している

まずは主力戦闘機について比較してみよう。

航空自衛隊の主力戦闘機F-15Jと中国空軍の主力戦闘機Su-27は、速度や運動性能、兵器搭載量などほぼ同じで実力は拮抗している。

200機あるF-15のうち、レーダー探知能力を上げ、より高性能なミサイルを搭載するなどの改修を施せる比較的新しい機体は100機程度。

一方で中国空軍のF-15と同レベルに改修されたSu-27は現在120機程度で、今後はさらに増える可能性がある。

探知能力は日本が圧倒的に優位

自衛隊には早期警戒管制機(AWACS)のE-767が4機配備されている。

E-767は世界トップクラスの精密な探知能力を持ち、現在、日本だけが運用している。

それに比べて国産レーダーを搭載した中国のKJ-2000はレーダー探知能力が低い。

E-767とデータリンクしたF-15Jの編隊に中国空軍はなすすべもないのが現状だろう。

空中給油能力も自衛隊が圧倒的に優位

自衛隊には空中給油機KC-767が4機配備されている。

KC-767は給油できる量が多く、F-15、F-2(主力多用途戦闘機)、そして将来配備予定のステルス戦闘機F-35のどれに対しても給油できる。

それに対して中国のHY-6は旧ソ連製の古い爆撃機を改造したもので、給油量は少なく、給油バルブの形状からSu-27やSu-30(戦闘攻撃機)には給油できないという欠点がある。

自衛隊はフォースマルチプライヤーが強力

日本と中国は、戦闘機の戦力比較では互角だが、航空機の戦力を増大させる装備、早期警戒管制機や空中給油機などフォースマルチプライヤーの能力で自衛隊が圧倒的に優位に立っている。

2013年時点では、まだまだ日本が優位だと言えるだろう。

スポンサーサイト

尖閣問題なんのその台湾のもっとも好きな国は日本

台湾におけるもっとも好きな国・地域で、「日本」が43%の指示を集めてトップを維持し、2位の米国、中国、シンガポール(それぞれ各7%)と大差をつけて依然突出していることが2012年度対日世論調査でわかった。

スポンサーサイト

尖閣問題の影響なく根強い日本人気

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権を主張する中国との関係が冷却化する中、同じように領有権を唱える台湾での根強い日本人気が裏付けられた。

対日世論調査は、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)が外部機関に委託し、台湾の20~80歳の男女1000人を対象に2013年1月に実施したもの。

尖閣周辺海域で台湾漁船の操業を認めた日台漁業取り決め調印(4月)前の調査だが、日本は昨年度より2ポイントアップ、米国と中国は1ポイント下げた。

台湾の20代の54%が日本を支持

年代別では20代の54%、30代の50%が日本を支持し、高齢者より若者の親日感情の強さが際立っている。

行きたい旅行先も日本が38%で首位だった。

スポンサーサイト

さすが先進大国韓国だ売春も男女共同参画か

韓国の売春従事者は推計189万人

売春とは普通は男性が女性を買うものだ。

ところが売買春の先進大国韓国では、男女ともに買い手にもなり、売り手にもなるというのだ。

スポンサーサイト

24時間営業300人のホストが3交代のホストバー

高級ホストクラブは1980年代からソウル名物だったが、いまや価格破壊の波に乗って安価なホストバーた次々と誕生している。

朝鮮日報のルポによると大きなホストバーは24時間営業で300人のホストが3交代制で待機、夕方までは家庭の主婦、夜はOL、深夜から明け方にかけては、水商売の女性たちがメイン客となり、男性から女性への売春が行われているのだ。

腹立ちまぎれの間男遊び

朝鮮半島の格言で「腹立ちまぎれの間男遊び」というものがあるが、今や「買い物ついで、会社帰りのホストセックス」が日常化しているというのだ。

韓国は男尊女卑の国と言われるが、こと売春に関しては「男女同権の先進国」となっているという。

売春大国韓国のおそるべき実態

韓国ではあらゆる形態の売春が整っている。

洋風妓生(キーセン)料亭というルームサロンをはじめとして、だんらん酒場、カラオケホステスにホスト、コーヒーの注文を受けた形のデリバリー売春であるチケット喫茶、マッサージ店、キス部屋(韓国では性交類似行為の店というらしい)と、あらゆる売春インフラが整っている。

ネット大国と自慢するだけあって、ネット系の売春婦もあふれている。

さらに路上には低所得の高齢者相手を専門にする、高齢女性たちがいて、70歳代の売春婦も珍しくないと韓国の新聞が報じている。

料金はちょんの間で1000円

韓国では、飲み屋で隣に座り酌をする女性は、原則として支払額を明示してお願いすればできるとされている。

その料金はちょんの間(短時間)で1000円ほどと低価格だ。

韓国の売春婦は189万人

2011年12月9日の「韓国経済新聞」によると男性連帯という民間団体の推計では韓国の売春婦は189万人とされている。

人口5000万人の半数が女性として、その中には幼児や病気の人もいるわけだから実効売春婦比率がどれほど高いのかは計り知れない。

売春婦の輸出大国

わが国は輸出大国だと韓国人は自慢するが、売春婦の輸出大国でもある。

日本と米国には数万人単位の韓国人売春婦がいて、ワーキングホリデービザで日本に入国し、日韓青少年交流拡大のためといった大義名分で売春をしている売春婦がたくさんいるという。

ちなみにワーキングホリデービザは拡大が検討されているようだ。

スポンサーサイト

中国空軍のSu-35多用途戦闘機導入が9条改憲を後押しする

複数筋の情報によると、中国空軍のSu-35(スホーイ35)多用途戦闘機の輸入がほぼ決定したようだ。

ファイル:Sukhoi Su-35S in 2009.jpg

技術面で日本・インドの戦闘機を上回るSu-35

Su-35はロシア連邦のスホーイ社が開発した1万4500kgfのハイパワーエンジンを持つ第4++世代ジェット戦闘機であり、長距離多用途戦闘機だ。

中国空軍が24機のSu-35を配備することで、中国空軍の作戦水準は日本・インド空軍を少なくとも半世代以上先駆けることになると指摘する向きもある。

日本とベトナムにはTVC(推力偏向装置)技術がなく、超音速への加速が優位なSu-35に対して劣勢になる。

中国空軍に24機のSu-35が交付されるのは早くても2016~2018年頃が予定されている。

日本の航空自衛隊はこの時点ではF-35Aを配備できないし、インドで期待されているFGFA第5世代戦闘機は早くても2020年になる見通しだ。

つまり、2015~2020年に中国空軍のSu-35は技術面で日本・インドの現役戦闘機を上回ることになる。

Su-35のパッシブ・フェーズドアレイ・レーダー(PESA)の策敵範囲は約400kmに達し、とセントラルコンピューターSolo-35との組み合わせによる同時交戦能力は、空中目標なら30目標同時追尾・8目標同時交戦、地上目標なら4目標同時追尾・2目標同時交戦となる。

総合作戦能力はF-15Jの4倍以上

超音速の巡航能力を持つSu-35の総合作戦能力は、日本の自衛隊主力戦闘機であるF-15Jの4倍以上と推定されている。

中国空軍は第5世代戦闘機J-20の配備を予定しているが、Su-35の導入によってその前にアジアでの制空優勢を占め、日本・インドに先駆けて脅威になることが可能だ。

J-20が配備されると中国空軍は日本・インドとの差を広げ、アジアで圧倒的な優勢を占めることになると予想されている。

中国人民解放軍の軍拡の動きは、自民党改憲派を全力支援している感じですね。

憲法9条改正を目指す人達からは頼もしい存在になっています。

スポンサーサイト

【韓流】2013年K-POPブームがついに完全終了か!?

KARAや少女時代など、数年前までメディアを独占していた韓流、K-POPがここにきて急激に減速している。

K-POPブームは終焉したのだろうか?

スポンサーサイト

SMの利益が大幅に減少

韓国最大手の芸能プロダクションで、東方神起や少女時代らが所属するSMエンターテインメントが第一四半期の決算を発表した。

決算資料によると営業利益が大きく落ちていて、ちまたで言われている「K-POPブームの終焉説」を裏付けるものとなっている。

第一四半期の売上は500億ウォン(約40億円)、営業利益は51億ウォン(約4億800万円)で、営業利益が前年同月比の70%以上減となっているのだ。

しかし、SMエンターテインメント関係者は、「第二四半期以降に所属アーティストのコンサート日程が集中しているためであって、第二四半期以降は利益が増える」と強気のコメントを出している。

利益減の理由は円安

たしかに第二四半期以降は少女時代や東方神起のワールドツアーなど、売上が大幅に上昇するとの見方もある。

しかし、そもそも利益減の一番の理由は円安なのだ。

韓国の経済アナリストによると、SMエンターテインメントの売上に占める海外売上の比率は70%で、中でも日本の売上が50%に迫るという。

ここまで日本依存が高いと、円安が売上を直撃するのは当然なのだ。

円安がK-POP凋落にとどめを刺すのか?

K-POP凋落が叫ばれて久しいが、いよいよ円安がブームにとどめをさすのかもしれない。

ブームというか・・・

もとから作られたブームですし。

とどめを刺してやってください!

スポンサーサイト

 

6/27(木)尖閣諸島周辺海域に中国船3隻が侵入!昨年9月より49回目

尖閣諸島で中国船が吠える

国内メディアではあまり報道されないが、尖閣諸島周辺では中国船の領海侵入と兆発行為が続いている。

スポンサーサイト

中国の海洋巡視船3隻が侵入

沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域に、6月27日午前8時25分頃、中国の海洋巡視船3隻が相次いで侵入した。

6月22日以来の領海侵入で、昨年9月の尖閣諸島国有化以降では49回目となる。

これを受けて日本政府は情報連絡室を官邸対策室に格上げした。

中国の法律違反?中国の管轄海域から離れろ!?

第11管区海上保安本部(那覇)によると、中国船3隻は、海監23、海監51、海監5001で、日本の巡視船が日本の領海から出るように警告したところ、海監5001が電光掲示板を使って中国語で応答した。

「貴船はすでに中国の法律に違反している。中国の管轄海域から離れてください」

・・・・

なんというかもう、盗人猛々しいというか・・

軒下を貸したら母屋を盗られる

こんな言葉が浮かびましたね。

スポンサーサイト