純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

日本製高精度3Dプリンターが18万円で登場SCOVO C170

オープンキューブが2013年7月8日、20万円を切る低価格3DプリンターSCOVO C170を発表しました。

発売は7月29日です。

SCOVO C170は最大造形サイズW150mm×D150mm×H175mmを実現し、最小積層ピッチは0.1mmの高精度です。

7万円クラスの低価格3Dプリンターは90mm以下と小さいものしか作れない製品が多いですが、SCOVO C170は高さ123.8mmのiPhone5のスマートフォンケースを単体で印刷製造できることになります。

ライバルは同じくフィラメント積層方式のMakerBot社Replicator2(直販価格26万4800円)でしょう。最大造形サイズW153mm×D155mm×H285mmで最小積層ピッチは0.1mmです。

最大造形サイズはReplicator2が上ですが精度は同等、8万円の価格差をどう見るかですね。

SCOVO C170の3D印刷素材の純正フィラメントは税込みで1kg4200円と超低価格です。

Replicator2の純正フィラメントは1kg18000円なので半額以下です。

ランニングコストではSCOVO C170に軍配が上がりますね。

非加熱式のベッドを採用することで安全性に優れ、低消費電力、3DCADでよく使われているファイル形式「stl」に対応しているのも安心です。

マニュアルと専用ソフトは日本語対応で、本体は国内の工場で生産、無償サポートは一年間となっています。

SPEC
ヘッド数 1
最小積層ピッチ 100μ(0.1mm)
最大造形サイズ 150(W)×150(D)×175(H)mm
サポート除去方法 ブレークアウェイ式
ファイルデータ転送方法 USB2.0ケーブル
造形マテリアル PLA(ポリ乳酸)フィラメント
サイズ/重量 376(W)×333(D)×404(H)mm/約15kg
対応OS Windows8・7・Vista・XP

付属品
・専用ACアダプター、USB2.0ケーブル、PLAフィラメント(1kg、ホワイト)、SCOOVO Studio(日本語ソフトウェア)、テスト用3Dモデリングデータセット(.stlファイル)、日本語取り扱い説明書ほか

SCOOVO C170
メーカー:オープンキューブ
発売日:7月29日(月)発売予定
予価:18万9000円(本体、税込み)
・アクリルセーフティーパネル(3点セット):1万500円 ・純正PLAフィラメント(1kg/ロール):4200円

オープンキューブ公式サイト
http://www.open-cube.co.jp/products/scoovo/

 

10年でホリエモン抜けますよ!吠えるネオヒルズ族の与沢翼

若くして都心のタワーマンションに住み、高級外車を乗り回す。かつてのヒルズ族をほうふつさせるネオヒルズ族。

与沢翼氏(30)は3億円の札束を積み上げ、「これくらいの金ならすぐに用意できますよ」と言い放つ。

スポンサーサイト

ダークスーツに身を包み、両脇に美女をはべらせる。実年齢よりも若く見える与沢氏は、さいたま市出身。荒れた少年時代を送り、15歳で「魔利支天(マリシテン)」という地元の暴走族に入り、高校を中退した。その後、大検を経て「20歳で早稲田大社会科学部に入学した」という異色の経歴を持つ。

現在は、六本木にオフィスを構える「フリー・エージェント・スタイル・ホールディングス」(FASH)の会長。3年前に前身となる会社を設立し、昨年5月にホールディングス化。2013年8月期の売上高は50億円を見込むという。

「傘下の7社は、インターネットを使った事業がメーンです。ネットマーケティング(集客・販売)、ラーニング(教育・学習)コンテンツの提供・販売。出版プロデュース業にも進出しています。
先日売り出した起業のノウハウをレクチャーする学習システムは1カ月半で2億5000万円売り上げた」(与沢氏)

移動は、運転手付きの新車価格5000万円超の英国車「ロールスロイス・ファントム」。ど派手な暮らしぶりが注目を浴び、メディア露出が急増しているさまは、かつてITの寵児と持てはやされたホリエモンこと元ライブドア社長、堀江貴文氏(40)を思い起こさせる。

「僕自身も22歳で最初の会社を立ち上げて、一時期、(六本木)ヒルズに住んでいた。『ネオヒルズ族』なんて呼ばれるけど、10年もあったらホリエモンを抜けますよ」

情報商材を売る虚業ですが、その抱負な資金を使って実業に乗り出してくれることを期待します。

まあ、無限商圏とか在庫なしとか言ってるので、実業はむずかしそうですが・・

神戸製鋼所が構造物を延命する塗るだけの補修材を開発

神戸製鋼所が6月19日、橋や建造物、大型機械設備などの鋼製の構造物が老朽化した際に生じる疲労亀裂の進行を遅らせ、構造物を延命化することができるペースト状の補修材を開発したと発表した。

スポンサーサイト

橋をはじめとするインフラの老朽化が社会問題化する中で、補修までの期間を延ばすための需要が期待され、同社はマーケティング調査を進めた上で、来年度からの事業化を目指す。

構造物の亀裂の進行速度を10分の1以下に抑える

この補修材は微細粒の酸化アルミニウム(アルミナ)とオイルを混合して作られる。

補修材を亀裂の表面に塗布すると、毛細管現象によって亀裂内の隅々まで浸透し、外部からの力が作用した際に亀裂が開く動きを抑え、その進展速度を最大で10分の1以下に抑えられるという。

国内の老朽化した大型の橋は2200

日本国内には披露亀裂が顕著になりつつある大型の橋が約2200あるとされる。

亀裂の進展を遅くしたうえで、根本的な補修を計画的に一括実施すれば、数千万円規模のコスト削減につながるといい、同社はあらゆるインフラへの適用拡大を視野に入れている。

神戸製鋼所
http://www.kobelco.co.jp/

2013年6月19日 微細粒ペーストを用いた鋼構造物の延命化技術の開発について
http://www.kobelco.co.jp/releases/2013/1188465_13519.html

スポンサーサイト

2013年5月鉱工業生産は前月比+2.0%で四カ月連続の上昇

6月28日に経済産業省が発表した5月鉱工業生産指数速報が前月比2.0%上昇の97.8となり四カ月連続の上昇となった。

ロイターの事前予測調査では前月比0.2%上昇と予想されていたが、発表数値は予想を上回るものとなった。

生産予測指数は6月が前月比2.4%低下、7月が同3.3%の上昇となった。

スポンサーサイト

緩やかな持ち直しの動き

経済産業省は生産の基調判断を「緩やかな持ち直しの動きがみられる」として据え置いた。

業種別にみると、汎用・生産用・業務用機械工業、電気機械工業、化学工業などが上昇した。

鉱工業出荷指数は前月比0.8%上昇、在庫指数は0.3%低下だった。

自動車生産の回復が素材産業を押し上げる

生産は2013年2月以降上昇に転じていて、4月まで毎月1%程度の上昇を続けてきた。

自動車生産の回復に伴い、鉄鋼や非鉄など素材産業も緩やかに上昇、電子部品、デバイスなども持ち直していた。

5月は四カ月連続で上昇となり、伸び幅が拡大した形だ。

一方で、6月の生産予測はマイナスとなっている。

季節調整のゆがみを割り引いても上向き方向

鉱工業生産について市場では「季節調整のゆがみがあるので、5月のプラス2%というのは割り引いてみるべきだが生産は上向き方向だ。円安効果に加え、米国を中心に海外景気が底堅く、電子デバイスなど部品の生産が伸びている」と指摘されている。

自民党の選挙用のニュースですね。

スポンサーサイト