純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

インド初国産空母「ビクラント」が進水


2013年8月13日、インド初の国産空母「ビクラント」の進水式が行われた。

南部ケララ州の造船所で進水したビクラントは、試験期間を経て2018年に就役する。

現在、国産空母を保有しているのはアメリカ、イギリス、フランス、ロシアの四カ国だけで、ビクラントは年内にロシアから引き渡される旧ソ連製空母「ヴィクラマーディティヤ」とともにインド洋に配備される予定。

(写真はヴィクラマーディティヤ)

スリランカやパキスタンに港湾を建設し、インド洋での拠点開発を進める中国にとっては、ビクラントとヴィクラマーディティヤは驚異となる。

ビクラントは排水量3万7500トンとされ、戦闘機36機を艦載可能。

本来は2011年に進水の予定だったが、機材や部品調達に問題が発生し、当初予定より2年遅れた進水となった。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*