純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

砂糖袋25万個の下から出てきたのは旧ソ連製のまさかのアレだった


出てきたのは麻薬じゃなくて・・・

キューバから北朝鮮へ向かっていた船舶Chong Chon Gang号を麻薬を運んでいる容疑でパナマ政府が臨検したところ、砂糖袋25万個の下から出てきたのは麻薬ではなくて、まさかのアレでした。

なんと砂糖袋の下から出てきたのは旧ソ連製の戦闘機ミグ21です。

旧ソ連のミグ設計局が開発し1956年1月9日に初飛行、ベトナム戦争や中東戦争、アフリカ各地での紛争、ソ連のアフガニスタン侵攻、イラン・イラク戦争、湾岸戦争などで活躍し、現在でも世界各国の空軍に配備されている名機です。

しかも2機!!

そして旧ソ連製の地対空ミサイル関連部品も出てきました。

修理に出しただけだから違反じゃないもん

北朝鮮への武器供与・販売は国連安全保障理事会の制裁決議で禁じられていますが、キューバ政府は、「北朝鮮に修理に出すため運搬中だった。いずれも修理後はキューバに戻るものだった」と声明を出し、違反ではないと強調しています。

乗組員は激しく抵抗し船長は自殺を図る

パナマ政府は麻薬を運んでいるという疑いで、Chong Chon Gang号を拿捕したわけだが、35人の乗組員は拘束されるまで激しく抵抗。

船長はナイフでのどを切って自殺を図ったが、容体は安定しているという。

あらゆる意味でつっこみどころの多いこの事件の顛末が気になるところです。

Category: 未分類

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*