純夜の気になるニュースメモ

中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

純夜の気になるニュースメモ - 中山間地域、少子高齢化、移動販売、経済、中国、韓国、東アジア、科学、メディア

スマホ利用者が48.2%に急増しガラケー利用者とほぼ並ぶ CIAJ調査

スマホとガラケー利用ほぼ並ぶ CIAJ調査

情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は24日、2013年度の携帯電話の利用実態調査の結果を公表した。

高速通信規格「LTE」の定着などに伴い、スマートフォン(高機能携帯電話)の普及割合が前年の38.8%から48.2%に急増。“スマホシフト”がより鮮明になった。

調査は、関東と関西在住の通信端末利用者1200人を対象に実施。全員で計1369台の端末を利用していた。

普段利用している端末を複数回答で尋ねたところ、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)が604台と全体の50.3%を占め、最多だった。ただ、スマホは578台で48.2%と、従来型携帯とほぼ並んだ。

タブレットは55台(4.6%)、モバイルWi-Fiルータは53台(4.4%)、PHSは45台(3.8%)が使われていた。

今後、通信端末の買い替えを検討している人のうち、99.5%の人が「次はスマホにする」と回答。購入の際に重視することは「月々の支払い」が最も多く、以下、「端末価格」「デザイン」などが続いた。

SNSメッセージのやり取りが増えている

スマホ利用者の増加に伴い、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を通じたメッセージのやりとりが増える一方で、携帯事業者が運用するキャリアメールのやりとりは減り、利用率は前年の88.4%から72.9%に減った。

砂糖袋25万個の下から出てきたのは旧ソ連製のまさかのアレだった

出てきたのは麻薬じゃなくて・・・

キューバから北朝鮮へ向かっていた船舶Chong Chon Gang号を麻薬を運んでいる容疑でパナマ政府が臨検したところ、砂糖袋25万個の下から出てきたのは麻薬ではなくて、まさかのアレでした。

なんと砂糖袋の下から出てきたのは旧ソ連製の戦闘機ミグ21です。

旧ソ連のミグ設計局が開発し1956年1月9日に初飛行、ベトナム戦争や中東戦争、アフリカ各地での紛争、ソ連のアフガニスタン侵攻、イラン・イラク戦争、湾岸戦争などで活躍し、現在でも世界各国の空軍に配備されている名機です。

しかも2機!!

そして旧ソ連製の地対空ミサイル関連部品も出てきました。

修理に出しただけだから違反じゃないもん

北朝鮮への武器供与・販売は国連安全保障理事会の制裁決議で禁じられていますが、キューバ政府は、「北朝鮮に修理に出すため運搬中だった。いずれも修理後はキューバに戻るものだった」と声明を出し、違反ではないと強調しています。

乗組員は激しく抵抗し船長は自殺を図る

パナマ政府は麻薬を運んでいるという疑いで、Chong Chon Gang号を拿捕したわけだが、35人の乗組員は拘束されるまで激しく抵抗。

船長はナイフでのどを切って自殺を図ったが、容体は安定しているという。

あらゆる意味でつっこみどころの多いこの事件の顛末が気になるところです。

海自最大最新の空母型護衛艦は「いずも」?

最新型護衛艦22DDHがついに就航

海上自衛隊最大の護衛艦の命名・進水式が、2013年8月6日に行われることになりました。

新型の護衛艦は「空母型」のヘリコプター搭載護衛艦で、およそ1200億円をかけて建造されました。
全長は248メートル、基準排水量は1万9500トンで同時に5機のヘリコプターが発着できるほか他の艦船へ燃料の給油もできます。防衛省は、災害派遣などでも運用したい考えです。

http://i.imgur.com/1kYS6jU.jpg
写真手前DDHひゅうが、写真奥22DDHいずも

http://i.imgur.com/L4bXD1U.jpg

大日本帝国海軍正規空母飛龍を超える全長248m

護衛艦22DDHの全長は248mですが、これは第二次世界大戦中の大日本帝国海軍の正規空母飛龍より大きく、あの戦艦大和にも迫るものです。

空母のような護衛艦22DDHいずも

この護衛艦の名称ですが、「いずも」が有力視されています。

DDH級の艦名が「ひゅうが」と「いせ」ですから、神話の旧国名の流れで「いずも」は納得できるものでしょう。

先代「出雲」は大日本帝国海軍の出雲型装甲巡洋艦の一番艦で、日露戦争から終戦直前まで運用された歴戦艦です。
上海事変に派遣・活躍以後、1943年まで支那方面艦隊の旗艦として在中邦人保護の象徴にもなりました。

いずもは出雲であり、朝鮮半島から国を引っ張って持ってきた国引き神話があります。

また、出雲は島根県なのですが、韓国と竹島問題を抱えています。

奇しくも出雲大社が60年に一度の遷宮の年に、いずも就航だとセンセーショナルですね。

来年はさらに巨大な24DDHが起工しますし、中国や韓国が騒ぎそうです。

鳩山元首相のやる気発言で震える民衆

鳩山由紀夫元首相(66)が、ツイッターで意味深な発言をし、ネットが騒然となっている。

7月11日に鳩山氏は公式ツイッターで以下のようにつぶやいた。

今から何をやるんだか、わからないけど、やるぞー

この発言にフォロワーは騒然となり、同ツィートに対する返信やリツィートは7月12日午前11時22分現在で8818件にも上った。

また尖閣関連でみょうなことを言いださないだろうかと心配する人が多く、鳩山氏に対して以下のようなコメントが続いている。

「鳩山さん、何もしないという勇気も時には必要ですよ」
「鳩山さん、何をするのかわからなければ、まずは腰を落ち着けて色々と勉強すると良いかと思いますよ」
「元首相のツイートが、僕のツイートと大差ない…」
「お願いだからやめてください」

鳩山元首相の破壊力おそるべし。

2013年の猛暑を考える

日本列島各地で猛烈な暑さが続いている。

7月9日には山梨県甲州市(勝沼)で、観測史上最高の39.1度も記録している。

関東甲信越、東海地方などでは連日、最高気温が35度以上となる猛暑日が続いていて、病院に搬送される人も相次いでいる。

気象庁の三カ月予報では、今夏は全国的に気温が高めになる傾向が強く、暑くて長い夏になるとのこと。

平年より早い梅雨明け

今年は全国で平年より6~15日梅雨明けが早かった。

大陸側から張り出したチベット高気圧が日本の上空で太平洋高気圧と重なり、気温の上昇に拍車をかけている。

商船三井コンテナ船事故MOL COMFORT沈没があまり報道されない理由

2013年7月11日、日本時間午前4時頃、インド洋運航中に船体が破断してタグボートにえい航されていた商船三井のコンテナ船MOL COMFORT(コンフォート)が沈没した。

現場海域は水深4000m級で、積み荷のコンテナの引き上げは不可能に近いという。

2008年就航で建造からわずか5年の最新型コンテナ船が沈没するという事故はインパクトがあるものだが、なぜか大手メディアはほとんど報道せず、画像もほとんど検索に出てこない。

これは世に知れ渡るとまずいナニかがあるからなのだろうか?

まずは、一連の経緯をタイムラインで追ってみたいと思う。



2008年就航の世界初47キロ級高強度鋼板採用船

<“MOL COMFORT”の要目>
船種 : コンテナ船(8000TEU型)
積荷 : コンテナ4,382ユニット(7041TEU)
乗組員 : 26名(ロシア人11名、ウクライナ人1名、フィリピン人14名)
船籍 : バハマ
就航年 : 2008年7月
建造:三菱重工業長崎造船所

三菱重工技報 VOL.44 NO.3 : 2007 世界初の船体用降伏応力47 kgf/mm2 級高張
力鋼の開発と実船適用
ttp://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/443/443028.pdf

新日鐵住金、高アレスト鋼、HTUFF鋼、耐疲労鋼
ttp://www.nssmc.com/tech/nssmc_tech/shipbuilding/01.html

三菱重工業(株)と新日本製鐵(株)のコンテナ船に関する共同技術開発につい

世界で初めての大型コンテナ船への47キロ級高強度鋼板の採用
船体の大型化に合わせた安全設計の実現
ttp://www.mhi.co.jp/news/sec1/200609270030.html

商船三井向け建造船300隻目を長崎造船所で引き渡し
当社最大コンテナ船、47キロ級ハイテン採用で輸送効率を向上
ttp://www.mhi.co.jp/news/story/0807024720.html

47キロハイテンを世界ではじめて適用した最新型のコンテナ船で2008年就航、三菱重工によると同タイプのコンテナ船が10隻就航中だという。

今回の事故では、建造からわずか5年でまっぷたつに破断し沈没ということで、経年劣化や金属疲労を理由にするにはむずかしい。

しかも、2013年5月29日に5年目の定期検査であるSUPECIAL SURVEYを終えたばかりだったのだ。

6月17日、船体がふたつに折れた

商船三井の大型コンテナ船MOL COMFORTは、シンガポールからサウジアラビアに向けてインド洋を航海中に、船体がふたつに折れた。

画像
http://cf.gcaptain.com/wp-content/uploads/2013/06/mol-comfort-1.jpg

事故原因は不明で現在も調査中。(2013年7月12日現在)

6月24日ペルシャ湾に向け船体前部をえい航開始

Molcomfort_tow1_2

 

 

船体前部はタグボートでペルシャ湾に向けてえい航を開始、船体は船首側に約3mの傾斜があるが安定した状態。

6月27日MOL COMFORT船体後部が沈没

船体中央部で前後に破断して漂流し、えい航準備を進めていたMOL COMFORTの船体後部は6月27日(ドバイ時間11時48分に沈没した。

Aft_01

Aft_004

Aft_005

 

<写真>5分で沈み約1700個のコンテナの一部が海面に浮いている

破断してしばらくは水平を保って浮いていたが、荒天のためローリングが激しくなり、船体内部への浸水によって右舷船首側に傾き沈没した。

7月6日MOL COMFPRT船体前部で火災発生

ペルシャ湾に向けてえい航していたMOL COMFORT船体前部に火災が発生、船体の傾斜がきつくなった。

http://c.gcaptain.com/wp-content/uploads/2013/07/MOLC_DSC6916.jpg

火災原因は不明。

7月11日えい航中の船体前部が沈没

火災の発生とともに船体傾斜がきつくなっていたMOL COMFPRT船体前部が日本時間午前4時頃に沈没した。

シリア反政府軍向けの米国製武器弾薬を満載していた?

なぜこれほどのインパクトがある事故を大手メディアが報道しないのか?

世に知れ渡るとまずいことがあるからなのか、一説によるとMOL COMFORTはシリア反政府軍に向けた米国製武器弾薬を満載していたというのだ。

これが事実なら以下の事柄と含めて、報道は非常にまずいものとなる。

オバマ政権がシリア反政府軍への武器供与を決めるよりも先に出航していた可能性が高い

核弾頭バンカーバスター弾などの核兵器、大量破壊兵器が搭載されていた?

日本の商船が米国の兵器を輸送していたことを知られたくない

MOL COMFORT沈没原因はテロなのか?

この兵器群がシリア反政府軍に渡れば、シリア政府軍は窮地に追い込まれることになるわけで、沈没の原因はテロとも考えられるが、現在はまだそのような主張の兆候はない。

えい航後の沈没は兵器隠ぺいのため?それとも?

船体がまっぷたつに破断した後も沈没していなかったMOL COMFORTだが、えい航中だった船体前部も火災発生で沈没した。

これは、民間商船が兵器を運送していたことを隠ぺいするためなのだろうか。

もしくは、コンテナの保障問題など処理コストを軽減するため、沈没させて保険でカバーすることにしたのだろうか?

とにかく不審な点が多い今回の事故ですが、今後も注視が必要ですね。

3Dプリンター関連株が高騰ストップ高

中国で3Dプリンターの利用が急拡大していることを背景に、3Dプリンター関連株が高騰している。

5月下旬から高騰する群栄化学工業

7月5日にもストップ高の513円(80円高)に達し、東証一部の値上がり率2位に入る場面もあった群栄化学工業は、3Dプリンターの印刷用樹脂を製造する会社だ。

関連株が高騰IHIや日産自動車も

図研はプリント基板CAD/CAMの大手で、MUTOHホールディングス、キーエンス、バルステック工業、ナブテスコ、ローランドDGなどの他、IHIや日産自動車も買われている。

2012年3Dプリンターの販売台数は約4万2000台

通常の紙に印刷するプリンターに対して、3DCAD、3DCGデータを元に立体(3次元のオブジェクト)を印刷造形できるデバイスで、通常は積層造形法によるものを指す。

この3Dプリンターは「製造業革命」の進展によって2020年頃に1兆円市場に成長するという予測があり、現在は米国の大手企業が圧倒的なシェアを握っている。

2012年の3Dプリンターの世界販売台数は2012年に約4200台で、米ストラタシスと米3Dシステムズが2強とされている。

とくにストラタシスは個人向けプリンター市場で実績のある米メーカーボット社を買収するなどM&Aに積極的で2012年の売上高は約1億8000万ドル(180億円)を誇っている。

ストラタシス社公式サイト(日本語)
http://jp.objet.com/

メーカーボット社公式サイト(英語)
http://www.makerbot.com/

日本製高精度3Dプリンターが18万円で登場SCOVO C170

オープンキューブが2013年7月8日、20万円を切る低価格3DプリンターSCOVO C170を発表しました。

発売は7月29日です。

SCOVO C170は最大造形サイズW150mm×D150mm×H175mmを実現し、最小積層ピッチは0.1mmの高精度です。

7万円クラスの低価格3Dプリンターは90mm以下と小さいものしか作れない製品が多いですが、SCOVO C170は高さ123.8mmのiPhone5のスマートフォンケースを単体で印刷製造できることになります。

ライバルは同じくフィラメント積層方式のMakerBot社Replicator2(直販価格26万4800円)でしょう。最大造形サイズW153mm×D155mm×H285mmで最小積層ピッチは0.1mmです。

最大造形サイズはReplicator2が上ですが精度は同等、8万円の価格差をどう見るかですね。

SCOVO C170の3D印刷素材の純正フィラメントは税込みで1kg4200円と超低価格です。

Replicator2の純正フィラメントは1kg18000円なので半額以下です。

ランニングコストではSCOVO C170に軍配が上がりますね。

非加熱式のベッドを採用することで安全性に優れ、低消費電力、3DCADでよく使われているファイル形式「stl」に対応しているのも安心です。

マニュアルと専用ソフトは日本語対応で、本体は国内の工場で生産、無償サポートは一年間となっています。

SPEC
ヘッド数 1
最小積層ピッチ 100μ(0.1mm)
最大造形サイズ 150(W)×150(D)×175(H)mm
サポート除去方法 ブレークアウェイ式
ファイルデータ転送方法 USB2.0ケーブル
造形マテリアル PLA(ポリ乳酸)フィラメント
サイズ/重量 376(W)×333(D)×404(H)mm/約15kg
対応OS Windows8・7・Vista・XP

付属品
・専用ACアダプター、USB2.0ケーブル、PLAフィラメント(1kg、ホワイト)、SCOOVO Studio(日本語ソフトウェア)、テスト用3Dモデリングデータセット(.stlファイル)、日本語取り扱い説明書ほか

SCOOVO C170
メーカー:オープンキューブ
発売日:7月29日(月)発売予定
予価:18万9000円(本体、税込み)
・アクリルセーフティーパネル(3点セット):1万500円 ・純正PLAフィラメント(1kg/ロール):4200円

オープンキューブ公式サイト
http://www.open-cube.co.jp/products/scoovo/